Kubectlダウンロードファイル

2017/05/10

2018/12/22 2017/04/11

Aug 12, 2019 The same configuration file is also used by other tools communicating with Kubernetes, for example, helm . It is accepted practice of different services managing Kubernetes clusters to offer kubeconfig files for download.

2019/11/29 クリーンアップし、新たに始める場合 もし以前に Minikubeをインストールしていたら、以下のコマンドを実行します。 minikube start このエラーが返ってきます。 machine does not exist 以下のファイルを消去する必要があります。 rm -rf ~/. kubectl バイナリー・ファイルを IBM Cloud Private インストーラーから取得するか、新規インストール・ファイルをダウンロードできます。 IBM Cloud Private インストーラーからのバイナリー・ファイルを使用するには、次のコマンドを実行します。 注: 次の手順に従うには、kubectl v1.14 と curl コマンドが必要です。Google Cloud SDK の kubectl コマンドは、kubectl のバージョン要件を満たしています。 マニフェスト ファイルを保持するための一時ディレクトリを作成します。 mkdir acm 例: 特権なしバージョンのインテグレーションを使用している場合、デフォルトのファイル名はnewrelic-infrastructure-k8s-unprivileged-latest.yamlとなります。 ファイル名を確認した後、以下のコマンドを使用します。 kubectl delete -f newrelic

Kubernetes CLI Tools のダウンロード パッケージには、標準のオープンソース kubectl と kubectl 向けの vSphere プラグイン の 2 つの実行可能ファイルが含まれています。kubectl CLI は、プラグイン可能なアーキテクチャを備えています。

$ kubectl get job –nkube-system; 手順 3 から手順 5 を繰り返し、すべてのマスターノードの証明書を更新します。 ワーカーノード証明書の手動更新. 以下のコードをコピーし、 job-node.yml ファイルを作成するため任意のパスに貼り付けます。 $ sudo chmod +x /usr/ local /bin/kubectl-captur ファイルをPATHに置いたら、次のコマンドでインストールを確認できます。 $ kubectl plugin list The following kubectl-compatible plugins are available: /usr/ local /bin/kubectl-capture これでkubectlプラグインの準備ができました。 クリーンアップし、新たに始める場合 もし以前に Minikubeをインストールしていたら、以下のコマンドを実行します。 minikube start このエラーが返ってきます。 machine does not exist 以下のファイルを消去する必要があります。 rm -rf ~/. kubectl get all kubectl -n ingress-nginx get service,pod コンテナの確認には、上記のように kubectl get コマンドを実行すると思いますが、ネームスペースが違っていたり、リソースタイプの指定が必要だったりと、Kubernetesに慣れていないせいか、手間に感じてしまいます。 手順に従って、鍵が入ったファイルをダウンロードしてきてからactivateする。 $ gcloud iam service-accounts keys create \--iam-account my-iam-account@somedomain.com key.json $ gcloud auth activate-service-account --key-file= './key.json ' $ gcloud auth list $ gcloud auth describe [service account name] kubectl 構成情報の設定. kubectl コマンドから Tectonic クラスターに接続し操作するために、Tectonic Console から kubectl-config ファイルをダウンロードし設定を行います。 まずは、Tectonic Console へログインしてください。 例: 特権なしバージョンのインテグレーションを使用している場合、デフォルトのファイル名はnewrelic-infrastructure-k8s-unprivileged-latest.yamlとなります。 ファイル名を確認した後、以下のコマンドを使用します。 kubectl delete -f newrelic-infrastructure-k8s-latest.yaml

Summary 現在、多くのクラウドプラットフォーム で Kubernetes をベースとした Container Service が提供されいています。 Amazon EC2 Container Service Google Cloud Platform Container Engine Microsoft Azure Azure Container Service しかし、検証や Pods の構成を試すために Container Service をセットアップし、接続するのはとても大変

kubectl や gcloud コマンドでアプリケーションをデプロイするために必要な App Engine 拡張機能は含まれていませんが、別途インストールできます。 注: Google Compute Engine のインスタンスを使用している場合、Cloud SDK がデフォルトでインストールされています。 kubectl --kubeconfig ./admin.conf get nodes 1つのコマンドでこのファイルのクラスター、ユーザー、および認証をデフォルトとして使用するようにkubectlを構成する方法を教えてください。 set-cluster、set-credentials、set-context、use 変換に使用する Docker Compose ファイルは、docker-compose-e2e.yaml です。このファイルは、チュートリアルに付属のものとして、ダウンロードできるよう用意しておきました。このファイル内で定義されているネットワークは、次の要素から Install and Set Up kubectl The Kubernetes command-line tool, kubectl, allows you to run commands against Kubernetes clusters. You can use kubectl to deploy applications, inspect and manage cluster resources, and view logs. 2018/06/02 概要 Kubernetesを利用する上であったら便利なツールの紹介です。 stern kubectx kubens kube-tmux stern podのログを簡単に取れるツールです。 github.com インストール $ brew install stern 2019/04/21

このチュートリアルでは、 Kubernetes ダッシュボード を、CPU およびメモリメトリクスを備えた Amazon EKS クラスターにデプロイする手順について説明します。 $ kubectl top nodes NAME CPU (cores) CPU% MEMORY (bytes) MEMORY% master.k8s.holdings.local 177m 8% 1111Mi 63% router.k8s.holdings.local 44m 2% 308Mi 17% worker1.k8s.holdings.local 43m 2% 245Mi 14% worker2.k8s.holdings.local 82m 4% 284Mi 16% $ kubectl top pod --all-namespaces NAMESPACE NAME CPU (cores) MEMORY (bytes) kube-system coredns 概要 『Kubernetes 1.10.2をAWS EC2(CentOS 7.5)へインストールしてkubeadmでマスタサーバとして構成』と 『Kubernetes 1.10.2をAWS EC2(CentOS 7.5)へインストールしてkubeadmでk8sのノードとして構成』で 構築したKubernetesのクラスタ環境でPodを作成し、ノードでDockerコンテナが稼働することを確認します。 –imageオプションにはダウンロードする公式のnginxイメージを指定しています。※通常 ではマニフェストファイル(docker-compose.ymlのようなYAMLファイル)によってPod作成をおこないます。関連ページをご覧下さい。 関連ページ ファイルをベースにConfigMapを作成する場合、 のキーはデフォルトでファイル名になり、値はデフォルトでファイルの中身になります。 kubectl describeまたは kubectl getを使用すると、ConfigMapに関する情報を取得できます。

概要 『Kubernetes 1.10.2をAWS EC2(CentOS 7.5)へインストールしてkubeadmでマスタサーバとして構成』と 『Kubernetes 1.10.2をAWS EC2(CentOS 7.5)へインストールしてkubeadmでk8sのノードとして構成』で 構築したKubernetesのクラスタ環境でDeploymentを作成し、ノードでDockerコンテナが稼働することを確認します。 Visual Studio Codeでリモートサーバのファイルを編集する 25 views 2018.11.23 2018.11.25 sshが「packet_write_wait: Connection to xxx.xxx.xxx.xxx port 22: Broken pipe」により切断される場合の対策 18 views 開発者としては、ローカルでアプリケーション・コードの反復型開発を迅速に進めながらも、開発環境にリモートの本番環境をできるだけ忠実に反映させたいものです。このチュートリアルでは、こうした願いをかなえる方法を紹介します。簡単に説明すると、まず、Minikube を使用して単一 $ kubectl get job –nkube-system; 手順 3 から手順 5 を繰り返し、すべてのマスターノードの証明書を更新します。 ワーカーノード証明書の手動更新. 以下のコードをコピーし、 job-node.yml ファイルを作成するため任意のパスに貼り付けます。 $ sudo chmod +x /usr/ local /bin/kubectl-captur ファイルをPATHに置いたら、次のコマンドでインストールを確認できます。 $ kubectl plugin list The following kubectl-compatible plugins are available: /usr/ local /bin/kubectl-capture これでkubectlプラグインの準備ができました。 クリーンアップし、新たに始める場合 もし以前に Minikubeをインストールしていたら、以下のコマンドを実行します。 minikube start このエラーが返ってきます。 machine does not exist 以下のファイルを消去する必要があります。 rm -rf ~/. kubectl get all kubectl -n ingress-nginx get service,pod コンテナの確認には、上記のように kubectl get コマンドを実行すると思いますが、ネームスペースが違っていたり、リソースタイプの指定が必要だったりと、Kubernetesに慣れていないせいか、手間に感じてしまいます。

Apr 28, 2020 We simply need to download the file /etc/rancher/k3s/k3s.yaml located on the master node to our local machine into ~/.kube/config . $ scp pi@192.168.0.22:/ 

2019/04/15 Kubernetes CLI Tools のダウンロード パッケージには、標準のオープンソース kubectl と kubectl 向けの vSphere プラグイン の 2 つの実行可能ファイルが含まれています。kubectl CLI は、プラグイン可能なアーキテクチャを備えています。 2019/02/01 2019/06/03 2020/06/13